SHERLOCK Special 予告編 日本語訳<1>


まずは7月に公開された予告編の日本語訳です。

MrsH: Holmesさん、お帰りになるときには知らせてもらえると有り難いんですけれど。 SH: 自分でもわからなくってね、Hudsonさん。バラバラにされた田舎の地主たちの件で-奴らと予定を組むのは至極困難なものでね。 Archie: 中身は何です? JW: 気にするな。 SH: (タクシーの運転手へ)どうも。 Archie: 犯人は捕まえましたか、Holmesさん? SH: 犯人は捕まえた、まだ脚を捜索中だが、ね。引き分けとでもしておくかな。 MrsH: そういえば、また新しいお話を発表なさったのよね、Watson先生。 JW: ええ。楽しんでいただけました? MrsH: ちっとも。 JW: ええ? MrsH: ちっともおもしろくないわ。 JW: どうしてです? MrsH: だって、わたしの台詞はないじゃありませんか?あなたのお話では、わたしは単なる上の階への案内役とか、朝食のお世話係なんですものね。 JW: まあ、話の都合上、それも-広い意味で言えば-あなたの役目でしょう。 MrsH: 何ですって?! SH: 犠牲者はあなただけじゃないよ、Hudsonさん。僕だって「犬のやつ」にはほとんど出てない。 JW: 「犬のやつ」?! MrsH: わたしは家主ですからね、小説の道具じゃありません。 JW: (Sherlockへ)「バスカヴィル家の犬」のことか?! MrsH: 部屋だってこんなにくすんで薄汚れちゃって。 JW: ああ、絵描きに文句を言ってくださいよ。どうしようもない野郎だ。僕だってみんなに認識されるために髭を蓄える羽目になっちまった。

#s4

Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。